ダイエット・ボディメイク 美脚

生まれつき足が太い方のための対策

投稿日:

こんにちは。「川越のプライベートジム」TKstudioの大石です。

 

今までに「生まれつき足が太い」という悩みをお持ちの方を数多く指導し、美脚に導いてきました。

 

 

太くなる原因はたくさんありますが、「生まれつき」という根強い悩みをお持ちの方に共通する特徴が見えてきました。

 

 

ということで今回は生まれつき足が太い方の特徴と対策についてお伝えしていきたいと思います。

 

生まれつき足が太い人の特徴

生まれつき足が太い方の特徴を見ていると、股関節のコンディションの悪さが影響している場合が多いです。

 

具体的に一つずつ確認していきますので、ご自身で該当するところがないか一緒に確認してみましょう。

 

1、股関節が詰まっている

股関節は骨盤のくぼみにはまるようにして構成されています。

 

股関節は球関節と言って、先端がボールのような形状になっていて、動作に合わせて様々な方向に捻じることができる関節です。

 

しかしその股関節が骨盤とくっついて離れないような状態になることがあります。

 

それを股関節が詰まった状態と呼んでいます。

 

そうなると股関節が正しく使えなくなり、使えない部位には脂肪がつき、極端に使われる部位は固太りのように硬くなってしまいます。

2、股関節が内旋している

もう一つは股関節が内側にねじれてしまっているパターンです。

 

内股で歩いている人で足が太い人が多いのため、心当たりがある人も多いのではないでしょうか。

 

内側に捻じれることで、内腿の筋肉が正しく使えなくなります。

 

また歩く時も前に来るのが外側の筋肉になるため外腿が使われやすくなります。

 

 

対策

対策は「股関節の詰まりを取る」「お尻を使う」という方法です。

 

一つずつ確認していきましょう。

 

まずは股関節のつまりを取る方法です。

 

股関節は骨盤に対して斜めにはまっているため、斜めにずらして左右に揺らします。

 

そうすることで、股関節の周りにある筋肉が緩んでコンディションが整います。

 

動画でも解説していますのでぜひやってみてください。

 

お尻を鍛えて、内旋を改善

股関節を整えたら、続いてトレーニングに入ります。

 

オススメはお尻のトレーニングです。

 

お尻は大きな筋肉でもあり、使えるようになると日常代謝量も向上します。

 

またお尻の機能として股関節を外側に捻る作用(外旋)があります。

 

お尻が使えるようになることで、足が太くなる原因となりやすい、内股の修正にもつながります。

 

具体的なトレーニング方法はこちらをご覧ください。

 

まとめ

今回は生まれつきの足の太さを根本改善するための方法をお伝えしてきました。

 

「なぜ私だけこんなに太くなってしまうんだろう、、、」と落ち込んでしまう方は多いですが、

 

適切に対策することで、誰でも美脚になることはできます。

 

当店でも美脚に導くのは得意としているため、一人ではとてもできないとお悩みの方は是非お問い合わせください。

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

-ダイエット・ボディメイク, 美脚

Copyright© TK studio , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。